スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の手段がお掃除、整理整頓

こんにちは、雨ノ森メロウです。

少しお久しぶりの更新となりますが、皆様如何お過ごしでしょうか。
私が住む大阪市は桜が満開です。

昨日おとといの土日はお花見をされた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
春が来ると、わたしは嬉しい反面、とても物悲しくなります。

それは物事があたらしく、おおきく動いていくことに関して、
なにか置いていかれるような不安を感じるからではないでしょうか。

どことなく、恋人たちが甘い時間を過ごすクリスマスイブに似ていますね。


さて、わたしは最近「断捨離」や「そうじ力」などの本をよく読んでいるせいで、
部屋の整頓や掃除に目覚めています。
いまテレビなどで活躍中の「こんまり」こと近藤麻理恵さんをご存知で
もしかしたら掃除や整理整頓に目覚めた方もいらっしゃるかもしれません。

今、お仕事や恋愛、対人関係で物事がうまくいかなかったり、停滞していたり、
毎日をイライラして過ごしていたり、頭から離れない嫌なことがあったり、
目標に動いても逆効果になってしまったり...と、お悩みの方もいまいらっしゃるかもしれません。


そのような方にはお掃除と整理整頓をおすすめ致します。
お掃除と整理整頓は、間違いなく運気を向上させます。
私なりにいくつか絞ってその利点をご紹介していきます。


♦自分を大事にできる


自分自身をあなたにとって大事なひとだと考えると、断然散らかった汚い部屋より、
綺麗な部屋に住んでいて欲しいですよね。
要らないものやごみを処分して、大事な物だけを置いたあと、
そこでゆっくりおいしいお茶をのんでいる素敵あなたを想像してください。



♦お金が要らない。運動になる

前回も記述致しましたが、掃除や整理整頓はお金が要りません。
それでいて運動になります。
外に出る気もしない、誰にも会いたくない。お金も使いたくない。そんなあなたにぴったりです。



♦新しい風を吹き込める

掃除や整理整頓がなぜ、いい運気を運んで来るのでしょう。

停滞していた部屋の中の気が、掃除そして換気などによって動くと、
悪い気を外に追いやり、新しい気を運んできます。

また無くしたと思っていたものが出てきたり、
商品券や切手、テレホンカードなどが出てきたりとあらゆる小さなサプライズがあります(これは実際わたくしが体験致しました)。


♦気分転換になる

これは小さいようで大きなことです。
あなたが毎日過ごしている部屋の雰囲気が変わるだけで、
ゆううつになったり、お部屋がきれいになっただけで機嫌が悪くなる方は少ないように思います。


どうしても悩みが頭から離れない方は是非、お掃除、整理整頓をしてみてください。

「トントン」のおまじない

雨ノ森メロウです。

今日は、皆様によくきく、簡単なおまじないを紹介します。

♦精神が安定するおまじない♦

イライラしているとき、ゆううつなとき、動揺しているとき、緊張しているとき、苦しい特、辛いとき、
眠れないとき、無力感や寂寥感(虚しさ)を感じるときなどに有効です。
また、胃痛や頭痛、生理痛などにも有効です。

用意するものはありません。


まず、目を瞑り、「わたしは大丈夫」と三回唱えます。

そして、「わたしは大丈夫」と何度も唱えながら、
小指の下のふっくらした部分(小指の付け根の下)を反対の爪先(人差し指、中指、薬指、小指)で
少し強めにたたきます。(音が微かにするくらい)
反対の小指の付け根の下も叩きます。

その次に、
両方の眉間(眉の中側の端)を中指で少し強めに叩きます。
(「わたしは大丈夫」とずっと唱えながらです)


その次は両方のこめかみ
両目の下の、眼球の下すぐにある骨
鼻と唇間の2本線(縦スジ)及び線の間(溝ですね。人中といいます。)
そして下唇の下のあごを叩きます。

そのつぎは両鎖骨の真ん中あたり(一番鎖骨が出ているところです)
そして、最後に両脇腹(手全体で、ポンポンと強めに叩くように)

「わたしは大丈夫」とずっと唱えながらというのがこつです。
そして、これを3回繰り返します。


3回し終わる頃には、だいぶ気分が落ち着いているはずです。

どうか試してみてくださいね。



雨ノ森メロウ

縁切神社

こんにちは、雨ノ森メロウです。

以前、京都市の「縁切神社」で有名な
安井金毘羅宮
に行って参りました。

その日は、お盆前のとても暑い京都で、歩きながらお水を飲んでいるそばから、
汗が出て行くという過酷な日でしたが、そのときの事を書き記しておきます。

その安井金比羅山ですが、鳥居をくぐると沢山の若い女性グループやカップルなどでにぎわっていました。
(ほんとうにその日はお若い方しかいらっしゃいませんでした。)

白いふさふさした、小さなキャンプで使うテントぐらいの大きさの物体がありました。
物体の足下には、ちょうど人がひとりやっとくぐり抜けられるぐらいの穴があいています。
ちょうど、「椅子の下」ぐらいです。
これは、沢山の御札が貼られた岩だったのです。
まるで生物のようでした。

これには、儀式のようなものを行うようで、方法が書いてありました。


♦まず御札を買い、(一枚100円です)それに縁を切りたい項目を書く。

♦御札を持って、穴の開いた岩をくぐる。

♦くぐったら、もういちど反対側からくぐる(一往復する)


♦出たら、御札を岩に、糊で貼付ける。



ところでわたしは何の縁を切ったかというと、
人や物事ではなく、
他人の評価を気にする自分や、後ろ向きな考え方をする自分です。
そのようなマイナスの感情とさよならをするためにきました。



その後、縁は切れたのでしょうか?
はい。切れました。
とてもすっきりしました。
たとえ自分の事を悪く言う人がいたとしても、
「自分の事を悪く言われて落ち込んだり、自分を責める考え」
を断ち切る事で、自分はいい方向に変われるのだと思います。






安井金毘羅宮
〒605-0823 京都府京都市東山区東町大路松原上る下弁天町70
075-561-5127
プロフィール

雨ノ森メロウ

Author:雨ノ森メロウ
魔女、雨ノ森メロウの不思議なブログ。

どうぞ魔女の部屋をノックしてくださいね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。