スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カードとの対話

こんにちは。雨ノ森メロウです。
今回はやや私の主観ですが、

「タロットカードと対話する」ということについて書きたいと思います。

タロットカードの特徴として、全体的な運勢(一生であるとか、今後数年であるとか)
よりは、
「なにかひとつの物事について占いたい」
という、
「狭く、深く深く」
という占い方が適しています。たとえば、

「好きな人がいるが、その人とどうなっていくか。またその人が私をどう思っているか」
などです。そのように、一つのテーマに対して、心の移り変わりや関係性の変化などを占うのに適しています。

今まで、たくさんの人を占っていて感じた事があります。それは、
「より明確な悩みや知りたい事がある人ほど、カードは明確な答えをくれる」
ということです。

わたしは、占いは生きていく上で絶対に必要なものだとは思っていません。
例えるなら、「一生健康であることが保証されているなら、お医者様は要らない」
というのと似ていると思います。
ずっと占いに頼らない人生だってあるとおもうのです。

なので、ただ漠然と
「占いたいことはとくにはなく、特に不幸せでもないし...なんとなく運勢を見てほしい」
というようなお客様と、
「こういう悩みを抱えていて、こういう風に解決したいのだけれど、どうしたらいいか」
というお客様であれば、
カードを展開する(開く)ときに、出るカードが全く違ってくると感じます。


どう違ってくるのか?

ということなのですが、
これは本当に感覚的な事で申し訳ないのですが、
「カードの濃さ」が違います。
78枚のタロットカードに濃いや薄いがあるのかと言えば、それは単に
カードを展開した時の印象なのですが。

悩みや問題が自分のなかにあって、カードにアドバイスを求めている人程、
「よりカードが強く訴えてくる」といったイメージでしょうか。

私自身は、
カードの意味やインスピレーションを汲取り、そのまま頭のなかで整頓してお客様に伝える、
パイプような役割をしていると思っています。
なにか明確な答えを必要としているお客様ですと、カードとお客様の意思疎通、シンクロがうまくいき、
タロットカードが78枚の中で一番適しているものを選んでくれるのです。


タロットカードには、そのような不思議な力が備わっています。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雨ノ森メロウ

Author:雨ノ森メロウ
魔女、雨ノ森メロウの不思議なブログ。

どうぞ魔女の部屋をノックしてくださいね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。