占い師はお茶屋さんの役割

こんにちは。雨ノ森メロウです。



わたしは占い師がどのような役割をするかいつも考えています。

なんどもブログでも書いているように、

人を騙して高いお金を要求したり、「不幸になります」と不安にさせて占いに依存させたり、

宗教のように洗脳させたり......

そのようなマイナスの偏見を少しでも払拭させて、占いと皆様がいい関係性を持ち向き合えるように

毎日精進して参りたいと思っています。


さて、人生はマラソンに例えられます。


長い旅にも例えられます。

順風満帆の方は、すいすいと何人も抜かしていきます。

ただ、悩みや迷いがある方は、途中、岐路で立ち止まります。

どうするか、どうすればいいか。どうするべきか..............



そんなときふと顔をあげてみると

小さな灯りを灯したお茶屋さんが目に入ります。

「そうだ、あそこですこし休んでいこう...................」

小さなお茶屋さん。

そこには魔女がおり、美味しいお茶とお菓子を出してくれます。

そして、ひと休憩。

魔女はあなたの話を聞き、すこしだけアドバイスをします。


そしてあなたは再び歩き始めます。


占い、占い師はそんな役割をするのではないかな、と思いました。

長い旅路のちょっとした栄養補給です。


マラソンで例えると、ドリンクを受け取れる場所。

わたしはそんな役割をする占い師でありたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

1. 記事拝見させていただきました!

いきなりのコメントすみません^^;ブログとても共感できました!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雨ノ森メロウ

Author:雨ノ森メロウ
魔女、雨ノ森メロウの不思議なブログ。

どうぞ魔女の部屋をノックしてくださいね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR