スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fortune creator2〜在るべき占い師像〜

こんにちは、雨ノ森メロウです。

前回に続き、雨ノ森メロウが在るべきだと思う占い師像について書いて参ります。



♦うさんくさくない


占いの、占い師の神秘性とは、
表面的なところを作り込まなくとも自然ににじみでるものです。
わざわざそれを演出する必要はないと思っております。

占いの一般的イメージ。
それは暗く、少し踏み入るに勇気がいるところで行うもの。
出てきた占い師は頭からベールを被り、謎めいています。
水晶玉に手をかざし、しばらく黙る.........そして口を開く。
その方が一言一言に重みがあり、威厳を感じ「当たっている」風に感じます。
もちろん対面で占いをする場合には落ち着いた雰囲気作りは非常に大切です。
しかしそれが裏目に出ないように心がけています。

怪しすぎて足を踏み入れにくい、どんな人間なのか不安だから接するのが怖い

ということではいけないと思うからです。

占い師も人間であり、他の人と特別に変わった生活はしてはいません。
過剰な占い師としての演出などは避けております。

※雨ノ森メロウの代名詞「魔女」は演出ではありません。
かといって魔法が使えるわけではありませんが....詳しくはブログをご覧下さいね。


♦謙虚な姿勢

占い師も「先生」と呼ばれる事が多いものです

そのせいかプライドがあまりにも高くなりすぎる場合があります。
そうなると、お客様に対し上から目線で喋ったり、
まるで自分が一番偉いと思うよう考え方をしてしまったり.....
このケースは自分が一番かわいい、ナルシストの傾向がある占い師の場合に多い事です。

しかし占いは人間と人間との関わりであり、どちらが上か下かということはありません。
(お金を頂く以上はお客様の方が上かもしれませんね)

雨ノ森メロウは決して驕らず、謙虚な姿勢で占いをしていきたいと思っております。



♦社会人の「職業」として活動



占い師はどちらかというと一般社会とはかけ離れた非俗なイメージを持たれます。 
実際にそれは半分は当たっています。
そのせいか

社会性がない(悪口を言う、時間に遅れる)、
礼儀がない(自分の非を認めない、
人によって態度が違う)、
一般常識がない(人が言われたら嫌な事を言ってしまう、場の空気が読めない) 
人の話をきけない(自分の意見が正しく、それ以外は間違っていると思う)

そんな占い師も、一部に見受けられます。
異性(女性)に対する配慮が欠けている占い師も実際にいらっしゃいます。

占いは一人で出来る職業です。
そのせいかコミニュケーションがあまり得意でない占い師の方も多いです。
(雨ノ森メロウも特別社交的なわけではございません)

占い師がチームワークを発揮して一人のお客様を占うなど、聞いた事が在りません
(もしかしたらわたくしが知らないだけかもしれませんが...)

一人で仕事をしていくからこそ、信じられるのも自分、責任も自分にあります。

一社会に貢献する占い師になりたいとおもいます。






占い師は昔からある職業です。
しかし医者などと違い、資格がなくてもできるものです。
極端にいえば、何も占いが出来ない人でも肩書きが「占い師」と書かれた名刺を持っているだけで占い師になる事が出来るのです。
ほんとうに実力主義の世界です。
だからこそ、マイナスのイメージがついて仕舞わないように、
人間としても尊敬されることを目指します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雨ノ森メロウ

Author:雨ノ森メロウ
魔女、雨ノ森メロウの不思議なブログ。

どうぞ魔女の部屋をノックしてくださいね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。