スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

匂いの相性?

こんにちは、雨ノ森メロウです。


毎日暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

今回は「匂いの相性」として思う事を書いていこうと思います。

一般的に「相性」といいますと、
会話が合う、趣味や価値観があう、見た目が好みなどの
要素から考えられることが多いかと思います。

では「匂い」の相性とはどういうものでしょう。

例えばこんな経験はありませんか?


♦相手の付けている香水や整髪剤の匂い、 などの体から発する匂いがとても心地よかった
もしくは不快だった。

♦相手とはとても気が合うと思うけど、相手の香水や体の臭いが生理的に受け付けない。

♦初対面で身体の臭いがいやだな、と思ったら性格的にも合わなかった


じつは身体の匂いや香水の趣味なども
相手との相性を計る上での非常に大きな材料になります。

身体が発する匂いとは人間の本能レベルでの相性です。

もしこの人は自分にとってどんな人なんだろうと迷っている場合、

恋愛でおつきあいをするかどうか迷っている場合など、

相手の身体の匂いに注目してみてください。


その臭いがあなたにとってもし不快であれば、少し警戒した方がいいかもしれません。



反対に心地よい場合、あなたと相手の本能での相性がいい可能性が強いのです。


是非、参考にしてみてくださいね。



スポンサーサイト

あなたが出来るならわたしにもできる

こんにちは、雨ノ森メロウです。


「あなたが出来るならわたしにもできる」


この言葉を聞いて、あなたはどのような事をイメージしますか?

今回はこの言葉について考えていこうと思います。



わたしがまだ未成年で勉強をしていた時代です。

初めて行った海外で、ある有名な現代芸術家の方のパフォーマンスを少人数でみる機会がありました。

パフォーマンスが終わり、感想を求められた際にわたしは

わたしにもできそうだった....」

こういうような感想を芸術家に発言してしまったのです。

まだ未成年だったということもありますが、わたしは芸術の事は今よりももっと無知でしたし、

子供なのでなにもわかっておらず、みたままの感想をいってしまいました。

その言われた芸術家の方はどういう反応をしたか今はもう覚えておりません.....。





そのことをふと思い出し、今回のブログで考えていこうと思います。



何故それを思い出したかというと、数年前にわたしも同じような事をされた経験があったからです。

ある女性とお話をした際、占いをしています。という事を彼女に話したところ、すかさず



「わたしは恋愛上手だし、初対面で人が見抜けて相手が驚くので、

わたしにも(わたしの方が?)占い師は出来る。だけど占いは嫌いだからしない。」


というようなことを言われ、恥ずかしながら、カチンと来てしまいました。

そのとき、「わたしにもできる」

と言われて何故わたしはそのような気持ちになったのか考えました。


それは自分の努力などを一切見ずに占いを軽く扱われたような気持ちになったからです。


しかし、それを考えた時にわたしは10代の頃の自分の事を同時に思い出したのです。

この発言には気をつけないといけない,と我がを振り直しました。

ところで



わたしも出来たからあなたにもできる


と言う言葉に置き換えるだけで少し好感が持てませんか?


前に踏み出せなくて迷っている人

未経験の分野に行こうとしてる人.....


そんなひとに自信と勇気を持たせる魔法の言葉です。


わたしも出来たからあなたにもできる



是非使ってみてくださいね。

素敵な会話術


こんにちは、雨ノ森メロウです。


今回は素敵な会話をするために気をつけたい事を書きたいと思います


相手がなにかについて話している時に

自分のほうの知識が上の場合、知っている場合、それを言ってしまう事、よくありませんか?



Aさん「タロット占いってね、78枚あるんだよ。」

Bさん「知ってるよ。大アルカナが22枚で小アルカナは4つのスートで構成されていて....」

Aさん「........。」



これではいけません。たとえ相手よりも知っていても、Aさんの話を聞いてあげてください。

Aさんが気持ちよく喋っているのでBさんは聞き役に徹します。

そしてそのつど質問をすると効果的です。


まったく知らない振りをすると言う事はしなくてかまいません、

ただ、相手の気分を害するような知識をひけらかす行為は慎みましょう。

知っていると言う事は、会話によっては+にならない場合もございます。



尊敬する人、人間の良く出来ている人とは.....こう思います。

自分の知っている話をしているのにも関わらず、相手の話を聞く方。


わたしもそのような方と喋っていて、話を聞いてくれ、

あとでその方は、実はその話の内容のプロフェッショナルだったことを知ったときの衝撃.....



最近この経験を致しました。

好かれる要素です。


素敵な会話術、参考にしてみてくださいね。

プロ意識と無料鑑定

こんにちは、雨ノ森メロウです。


前回のブログは、この「雨ノ森メロウの魔女通信」を始めて以来の大反響でした。

とくに占い師の方からの反応が多かったです。

賛否両論はありましたが、

わたしがあまり書かない占い師の核心に触れる内容だったので、

みなさんがどう思われるか不安でしたが書いてよかったと思っています。


さて、今回は「どの職業にも言える悩み」ということで

プロ意識と無料鑑定というテーマで書いていこうと思います。



前回、占いにあまり興味のない方から

「食べていけるんですか?」「他にバイトとかしてるんですか?」

とよく訊かれるお話をしたと思います。


反面、わたしは仕事を通さないで出逢った方や知り合いに占い師をしていますと言うと

「占って!」と言われます。


でも、この時「占って」といわれるのは実は相手の方は

「(無料で)占って!」

とおっしゃっている方が多いのです。


昔(副業をしていた4年半前まで)はどんな方でもお知り合い、お友達なら無料で占っていました。

お金ではなく、その人のためになればいいと思っていたからです。


しかし、今「占って!」と言われた後に

「食べていけるんですか?」ときかれると

「............??」

となります。



食べていけるかどうかわからない位収入が不安定そう(実際にそうですが)

な人に無料で占って貰うのは、矛盾していると思います。


雨ノ森メロウは今、このジレンマを抱えています。


お世話になっている方は別ですが

お知り合いとお客様、境界線をひくのが難しいのです。

そして

「お知り合いに無料鑑定をする、この行動はプロ意識に欠けるのではないか?」

と現在も悩み中です。


実際恋愛で悩みを抱えている方を占うと、一回では終わりません。

恋愛の進行具合によってものごとが変わってくるからその都度相談されます。




もうひとつ貴重な意見を頂いています。

ある知り合い(占い好き)が、一時期誰にも相談できない悩み事でセラピーに通っていました。

そのセラピストは綺麗なスタジオで一人で経営していたようで

一回30000円の料金でした。(雨ノ森メロウの10倍です)


その知り合いは経済的な理由で1、2回で通うのを辞めてしまいましたが

こういっていました。

「兼業主婦や副業でやっている人の方がいい。安いから......」


これはかなり的を得ていると思います。

高いスタジオを借りて、独身で、たった一人で

セラピストが生計を立てていくのであればお一人さま30000円が必要だったのでしょう。

この値段が高いか安いか、このセラピストの実力がどうかは受ける人次第ですが

もし兼業であれば、占い(このひとはセラピーですが)でここまで高額お金を頂かなくてもいいわけです。



これらのことから、こう考えました。

わたしは他の職業の人に対してはどう思っているか。

同じ事をしていないだろうか?と。


ピアノの先生が友達だったとして、自分に子供がいたとしたら自分だけ無料では習わせませんし、

弁護士や税理士に無料で相談しません。

お医者さんが友達だったとしたら、無料で手術は頼みません。


しかし他の職業のひとはどうだろう。

わかりやすく言うと、例えばの話ですが、IT関係の方にパソコンの修理を頼む、などです。


相手をお友達だからといってプロとして敬わず接してはいないだろうか。


自分の職業(鑑定)をお知り合いにはこれからどうするかとともに、

他の職業の方も顧みたいとおもいます。




「食べていけるんですか?」〜占い師の社会的信用〜

こんにちは、雨ノ森メロウです。


わたしは占い師という自由業で、対面鑑定やイベント鑑定をしています。
その他にインターネット上でチャットや音声、メールなどを使った占い会社には属しているものの、
雇用形態は社員ではありません。そして報酬は全て完全出来高制度です。


そして、他に兼業はせずに占い一本で仕事をしています。

わたくしが会話をする際そのことを言うと

「食べていけるんですか?」

よくこう聞かれます。


そうですね、皆様のお陰でこのとおりどうにか生きております。

そのかわり、とても質素に暮らしています。

高級マンションに住んでいるわけでもなければ、エステなどにも行きません。

車ももっておりませんし、海外旅行にも行きません。



しかし、どの職業でも(主に会社に属していない職種の方は主に)

「食べていけるんですか?」と訊くのは非常に失礼ですね。


その原因は、以前にも書きましたが占い師という職業は地位としてはあまり確立されておらず、

実際に占い師には社会性がない方が多い事も事実です。

そして、マスメディアでもたびたび問題になっていますが

怪しい、嘘をつく、宗教に勧誘する、高い金を請求する、

「イカサマ占い師」「エセ占い師」など悪い印象を拭いきれないのも事実です。



そこで、占い師という職業のメリットとデメリットを挙げてみました。

メリット

♦比較的自由な時間がある

お勤め人の方のように朝何時に出勤、何時に退社、と言うわけではありませんし、ご予約のお客様ともわりと柔軟にスケジュールを決める事ができます。空いた時間は他の占術の勉強などに充てる事が出来、ますます占い師として向上できます。実際わたくしも星占術などの勉強に充てています。


♦相談を受ける事で、信頼が増し、頼りにされるとともに様々な生き様を知る事ができる。

お客様の相談の殆どは、誰にも相談できないプライベートな内容が殆どです。これは人の心の核を垣間みる事になります。わたしが体験できないこと(結婚、出産、他の職業など)のお話を聴く事で、恋愛やお仕事の傾向を知る事ができます。また相談を何度も受ける事によって、お客様に信頼され、自信をつける事ができます。


♦ストックを作らなくてよい、大きな道具を必要としないのでどこでも身軽に行く事ができる

わたしはタロットカードさえあればどこでも行き、そしていつでも占う事が出来ます。また大きな道具を必要としません。生花業の方や飲食業の方は新鮮さが命。日が経てば廃棄処分してしまわなければいけません。占いはどこでも可能です。そしてインターネットがあれば、日本全国24時間、いつでも占う事ができます。また店舗も一畳のスペース、机と椅子さえあれば開業可能です。



♦免許や試験、資格が必要ない

占い師は名刺を作り、「わたしは占い師です」と言えば、その日からなんの知識も経験もない人でも占い師になることができます。占いはカウンセラーや医者とは違い、簡単になる事ができるのです。






ではデメリットはいかがでしょうか。

♦資格が無いということ裏目に出る恐れがあり、社会的に確立されておらず、不安定。
資格や免許を必要としないということは完全実力主義であり、高度な知識と経験、インスピレーション、技術、カウンセリング能力が要求されます。そして占い師にはなんの社会保障もありませんし、経済的にも不安定です。また非俗な印象をうけ、その理由から社会的に認知されていない現状があります。


♦怪しい印象を受ける。
先ほどにも書きましたが、占い師というと「怖い」という印象があります。以前にもブログで書きましたが紫色のベールを被り、水晶玉に手をかざし、未来を予言する。それが「あなたは不幸になるでしょう」といわれたらどうしよう...など「怖い」印象を持たれます。また先ほどにもご紹介した通り、怪しい、嘘をつく、宗教に勧誘する、高い金を請求する、「イカサマ占い師」「エセ占い師」など悪い印象を拭いきれないのも事実です。




雨ノ森メロウは占いをする人間として、なにも反論することが出来ないのがとてもくやしいです。

しかし、わたしは占いを辞めたいとは思いません。

それは、自分の占いを必要としてくださる方が現にたくさんいらっしゃるからです。


わたしの星占術の先生も、「自分の職業を恥じることはない。」とおっしゃっていただきました。


しかし、それに甘えてはいけません。

社会的信用をもっとあげるために、もっと多くの方を鑑定し、

そしてみなさんに信頼されるような人格をもった人間にもっとなれるよう、

全力で取り組んで参りたいと思います。
プロフィール

雨ノ森メロウ

Author:雨ノ森メロウ
魔女、雨ノ森メロウの不思議なブログ。

どうぞ魔女の部屋をノックしてくださいね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。