スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールでの喧嘩

こんにちは、雨ノ森メロウです。

8月を目前にして、毎日照り返す熱気とまるでサウナのような湿気の大阪市です。

あなたの街はいかがですか?


さて、今回はご相談内容によくある「メールでの喧嘩」を取り上げたいと思います。

メールというのは、電話や対面での会話と違い、誤解を招きやすいツールです。

それは文字だけで相手の感情を察知しなければならないからです。

それに手紙と違い、すぐ送れ、すぐ相手が読む事が出来ます。

テーマ別に、メールでのトラブルになってしまいそうな事例をあげて考えていきます。


感情的になってしまうメールが来たら、一度時間をおいておいてじっくり読み返してみる。

いくら怒りを覚えるメールが来ても、
感情的な返信は亀裂を生む原因になりかねません。
また感情的になってメールを読むと、単語の勘違いや、文面の見落としなどの可能性があります。
返信の期限がないのであれば、できれば日をまたいだ方がベターです。


音信不通、返信をしないことをしない
どうしても感情が収まらないとき、怒りを鎮める事が出来ない場合、
携帯をほったらかしにして無視をするのではなく、
今現在自分がどういう状態か相手に伝え、時間を空ける事を伝える方が無難です。


いくら感情的になっても、メールには出さず、冷静で丁寧な文面を心がける
相手とのトラブルになる原因は、実際の論点そのものよりも「書き方」にあります。
メールでも、いくら感情的で怒りを持っていても、その気持ちに任せて書いてしまうと、
相手をただ傷つける為だけの文面になりかねません。
普段からメールでは誤解の無いようにどのようなときであっても丁寧に書く事をおすすめします。





とくに恋愛の場合、メールの行き来が増える傾向にあります。
ちょっとしたいざこざや誤解が大きな亀裂を生む事になりますので
気をつけてくださいね。

たかがメール、されどメールあなどれません。



そして出来れば、100通メールを送るよりは、
1回会う方が良いのですけれどね。

スポンサーサイト
プロフィール

雨ノ森メロウ

Author:雨ノ森メロウ
魔女、雨ノ森メロウの不思議なブログ。

どうぞ魔女の部屋をノックしてくださいね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。