タロットを破ってしまった話です

こんにちは、雨ノ森メロウです。

先日、まだあまり使っていなかったタロットカードを出したのですが、
カードとカードがくっついてとれなくなっていました。

何故かというと、お清めのために、しまう際に匂いのついた霧を吹いたためです。
そのタロットカードは、コーティングがなされていない紙のカードで、

霧を吹いた後、しまう際に余り乾かしていなかったせいか、ぴったりとくっついてしまい、はがす時に
片方がびりりとやぶけてしまいました。


そのカードは、とても大事にしていたカードで、まだ一度も使っていませんでしたので、
非常にショックでした。


そしてその日は一日中、心の中がしくしくしていました。

大事なカードですので捨てる事はできませんが、そのカードに対する罪滅ぼしを考えているところです。


スポンサーサイト

井の中の蛙論~ナルシストは悪か?~

こんにちは。大阪はここ数日雨が続いていました。雨
年が開けてからの久々の雨でしたが、少し空気が緩み、微かに春の気配が感じられています。チューリップ赤

さて今回は「井の中の蛙カエル、ナルシスト」についてお話ししていこうと思います。

鑑定で心の内面を見させていただくときに、
「ナルシスト」というキーワードがでてまいります。
ナルシストと聞くと、自分に酔っている、身の程知らずなど、ネガティブな連想をしがちです。

しかし、このナルシストという言葉、とても重要なのです。

ナルシストと呼ばれる人(わたしもその中に入ります?)はまず、自分を大切にします。
それは、反面傷つきたくないという自己保身の表れでもありますが、
自分を卑下するよりはよっぽどいいことなのです。


あるとき

井の中に蛙が棲んでいました。ここは凄く気持ちのいい世界でした。

それは、邪魔するものや、嫌いなものをすべて排除した、自分だけの優しい世界。

自分の未熟さを知ることが出来ないし、自分が凄い人間だと思う狭いかんがえになってしまう。

しかし、私は井戸は大事だと思う。

すごくすごく素敵な、誰にも邪魔されない、帰ってくることのできる井戸。すなわち自分の居場所。

井戸は、自分の足場を固める、何者にも邪魔されないもののみ、入れる、妥協無い、純度100パーセントの世界。

自分を見失わないために、孤独になったときに自分守るために必要なものなのだと思います。

精神的な井戸。もちろん物質的な井戸でもいい。

皆さんも自分の井戸を持ってください。好きなものだけ入れてください。

そこだけは誰にも渡さないで守ってください。

鏡よ鏡、この世で一番美しいのは「わたしです」

自分だけはそう言ってくれる存在。自分を愛しましよう。

雨ノ森メロウ

あなたを可愛く映す鏡

如何お過ごしでしょうか、雨ノ森メロウです。

“この人としゃべると、自分が可愛く見える。”
“この人と居ると、自分の良さが目立つ。”

周りにそんな人はいませんか?
だとしたら、その方はあなたに必要な人です。

あなたの良さを見つける人、プラスに働く人です。
恋愛で相手を選ぶ時もそれを基準にしてみて下さい。

相手とデートなどで別れた直後の余韻に違和感、劣等感や
「わたしってだめだな…」という引け目が残りませんか?
もし、相手がいくら素敵な人でも、そんな感情が出るならおすすめしません。

人は鏡です。
自分が可愛く、よく映る鏡をまわりに置いてみませんか?

プロフィール

雨ノ森メロウ

Author:雨ノ森メロウ
魔女、雨ノ森メロウの不思議なブログ。

どうぞ魔女の部屋をノックしてくださいね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR