スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女心講座完結編

こんにちは、雨ノ森メロウです。

先日から続いている女心講座。
今回で完結します。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

A男さん、B子さんがキャンプに行った時に起こったできごとです。


B子さんは今回のキャンプでのA男さんの言動にあまりにも傷ついたので、

頭を冷やすために夕食後に一人ですこし散歩をする事にしました。

男性陣は、まだお酒を飲んでお喋りをしています。

テントから100メートル程離れたところに大きな木があり、

その下に人がひとり座れるくらいの石があったので、

手持ちランプを置いてそこに座り、考えました。


多分、A男さんは話を聞くかぎり今まで女の人と付き合った事がないし、

生まれてからずっと実家暮らしだから、女性の気持ちがわからないんだわ。



A男さんはとくに悪気があってB子さんに対して言っているわけではないのです。

むしろまったくありません。それが問題なのです。

その証拠にA男さんの悪口を今まで聞いた事が無いし、友達もいないわけではありません。

でも、この先彼が生きていく上で気をつけたほうが良い事であるのも事実。

しばらく考えてB子さんは、今回の機会にA男さんとこの事について話をする事に決めました。

B子さんは皆がいるテントに向かい、まだお酒を飲んで盛り上がっているA男さんに言いました。


B子「A男さん、明日の朝7時に起きられる?」

A男「ん?なんで?」

B子「ちょっと話があるから..........朝ご飯の前に」

A男「話って、なんのことで?」

B子「それは、明日話します。今日はもう寝るね。おやすみなさい」

A男「................わかった、おやすみ」


ひとりきりのテントの中で、B子さんは明日の事を考えながら眠りにつきました。

そして、翌日。

肌寒い朝ですが、朝日が登って鳥が鳴き、さわやかな空気です。

B子さんは6時には起きて顔を洗い、お化粧をして、A男さんが起きてくるのを待ちました。



7時にテントを出てみると、A男さんが少し眠そうな顔で居ました。

「おはよう」



B子さんたちは、朝の小道を散歩します。

小鳥の声や木々が風でざわざわ言う音がふたりを包みます。



B子さんは、今までの事をA男さんに全て話しました。

同僚時代の残業の事から、

ウインドーショッピングのピンクの服の事、

居酒屋での出来事

誕生日のお店の事、

そして昨日の料理のこと.................



A男さんは、まさかB子さんがそんなことを思っていなかったので、
素直に謝りました。

ほんとうに大事な人だったからです。


A男「B子ちゃんがそんなことを思っていたなんて知らなかった.....本当にごめんね。これからは気をつけるし、ちゃんと言って欲しい」


A男さんの良いところは悪いところは素直に認めるところです。

B子さんも、そんなA男さんの気持ちには気づいていたのです。



この日から、ふたりは付き合う事になりました。

A男さんにとっては初めての彼女です。




さて、C男D男さんも起きて、女友達の車も到着したようです、



どうか、この二人を見守ってあげてくださいね。
スポンサーサイト

女心講座〜料理に口出しする〜

こんにちは、雨ノ森メロウです。

先日から続いている女心講座、いよいよ佳境に入って参りました。

A男さんとB子さんの恋の行方は.....?


A男さんがB子さんと同じ会社から他の会社に転職してから

二人はひと月に1,2回デートをする仲になりました。

A男さんはB子さんに淡い恋心を抱きつつも、恋愛経験があまりないせいで、

たまにB子さんを、悪気無く何気ない一言で傷つけてしまっています。

A男さんが転職をしてから一年が経ちました。

二人の進展は全く進んでいません........?



::::::::::::::::

二人がデートをするようになって一年後の秋口、休日を利用して

二人はお互いの友達同士で山にキャンプに行く事になりました。


キャンプの1日目の夜、

B子さんの女友達二人のうち一人が急な仕事で、

彼女たちの乗った車はその日のうちに到着できないということがわかりました。

今夜出発し、翌日の朝につくので、

この日の晩はA男さんとその友達(以前のC男、D男さん)、そしてB子さんだけ。



男性用、女性用のテントをたてたあとは、いよいよ火をおこします。



B子さん一人が女性であるということで、

決められたわけではないけれど必然的に

夕食の準備はなんとなく、B子さんがやる流れです。


今日はB子さんの得意料理の「芋煮」をつくる事にしました。

山の夜はぐっと冷えるので、あったまって、なおかつ交流も深められたら、

と思った上のB子さんの思いやりのある選択です。

余っても翌日の朝にご飯と食べられるのでいいなと、B子さんは張り切っています。


スーパーで調達してきた材料をクーラーボックスから出します。

里芋、ねぎ、にんじん、豚肉、大根、白菜、味噌.....


男性陣は早くも火の周りにどっかり座り、ビールで乾杯、お喋りに講じています。

B子さんは早くつくろうと急いでお湯を湧かし、材料を切っていきます。


全ての材料を切り、鍋のお湯も湧き、いよいよ煮ていこうとしたとき、A男さんがやってきました。


A男「B子ちゃん、まだ?もうお腹すいたんだけど。」

B子「ごめんね、すぐできるから。」


A男さんは、切られた材料を見て言いました。


A男「なにつくるの、豚汁?」

B子「芋煮をつくろうと思っているの。」

A男「芋煮~?全然違うじゃん。なんで肉が豚肉なの?普通牛肉じゃん。あとごぼうがないし、ネギの切り方も間違ってる」

B子「................」

A男「あとさ~、なんで味噌なんか買ってくるの、わかってる?普通醤油でしょ。ちょっと貸して」


A男さんはB子さんの手を止めて、勝手に味付けを変えてしまいました。

B子さんの切ったニンジンと大根は、

A男さんの意向で鍋には入れられず器に入ったまま、行き先を失っています。



そして夕食です。

A男さんは、あたかも自分がつくったようにC男、D男さんに話しました。

A男「本場は牛肉を使うし、ごぼうもないし、ネギの切り方も間違ってるんだけどね~」

B子「.............」


実はA男さんのお母さんは本場(東北山形)出身だったので、

A男さんは芋煮を小さい頃からよく食べていたのです。


A男さんは実家が東京都内。家事はする必要がありません。

母親には言いたい放題言えたのでしょう。

準備やあとかたづけ、ごみの片付けなどはやりもしないのに

野菜の切り方、段取り、味付けなどは口出しする

B子さんは、これにはさすがに頭に来ました。


女性にとって料理の口出しをされるということは非常にデリケートな事です。

それをA男さんは母親に言うノリでB子さんに言ってしまったのです。





今まで我慢して来た分、今回はB子さん、A男さんのことを許せそうにありません。

せっかく楽しいキャンプだったのに.......

A男さんとB子さんの恋の行方はどうなるのでしょうか.....。

次回完結編です。


女心講座〜内輪の話で盛り上がらない〜

こんにちは、雨ノ森メロウです。

先日からシリーズ化している「女心講座」

今回は「内輪で盛り上がる」です。


A男さんは一流大学卒、一流企業で勤めています。

世間的にはエリートですが、それに反して恋愛経験があまりなく、

30歳を過ぎてもまともに女性とお付き合いした事がありません。

前の会社の同僚、B子さんと最近デートを重ねていい雰囲気(?)

なのですが、毎回A男さんの失言によって、B子さんを傷つけています。

B子さん、今日はA男さんの大学時代の友達のC男さん、D男さんと4人で居酒屋に行く事になりました。

B子さんはA男さんが彼の友達に紹介自分をするなんて少しステップアップしたかな....と

淡い期待をしているのですが......




4人は待ち合わせ場所で落ち合いました。

C男さんも、D男さんも、A男さんと同じ、大学院の工学部のゼミの同輩。

一緒に学会で論文発表までしたので、

A男さんにとっては、研究室で苦楽をともにした戦友のような存在です、


4人はA男さんたちが学生時代よく通っていた居酒屋に入りました。

ビールで乾杯をしたあと、紹介もそこそこに、

A男さんかがはじめの話題を出しました。

A男「そういえば、この前平川教授に偶然あってさ~」

B男C男「まじで?」

A男「○○の研究の○○のことで○○○で......」

C男「ああ、それって○○だからな」

A男「あはははは!そうなんだよ!それで○○で.....」


B子さんは、A男さんたちの専門的な話が全く理解できず、A男さんが何故笑いのつぼに

入っているのかもわかりません。

実はC男さんも、D男さんも、中高一貫男子校から工学部、大学院まで進んだので、

A男さんよりももっと女性経験がありません。


お酒も回って来て、事態はもっとひどくなってきます。

A男さんたちの大学の同期のE男さんの悪口をいいだしたのです。

話を推測するに、E男さんは大学院には進まずに大手企業に就職したらしいのですが、

またまた専門的な(技術的な)事が原因でA男さんはE男さんのことが認められないようです。

C男さんもD男さんも、E男さんの事を知っていますし、専門的な事もわかるので

話についていく事が出来ますが(同調できますが)、

B子さんは話を聞いているだけでも理解できないのでどうしようもありません。

途方も無い疎外感を感じていたのです。


そんな調子で、この「わけのわからない専門用語で盛り上がる」ことは

B子さんをのぞき、この会が終わるまでずっと続いたのでした。

おまけにみんな煙草を吸うので服も煙草の臭いが染み付き、

次の日は喉も痛くなって、なんのための集まりだったのか、

自分が居ても良かったのかとてもゆううつになりました。




話がわからない人がいるのに「内輪で盛り上がる」

複数人で会話をする際には、「全員が会話に参加できる」

これは基本中の基本です。

その輪の中に、会話に入れない人やましてや意中の女性が居る場合、

共通の話題を探して積極的に話題を振ってくださいね。

今回のA男さんの行動は今までの事例の中で最低です。

なぜならこの会が終わる間ずっと、B子さんがいやなおもいをしたからです。



これは男女問わずですが、ほんとうに気をつけてくださいね。


女心講座〜個人的な好き嫌いの発言に注意〜

こんにちは、雨ノ森メロウです。

先日から続いている女心講座、

今回は「個人的な好き嫌いの発言に注意」です。


毎回登場しているA男さん。

悪気はないのですが、ちょっとしたことで女性をがっかりさせています。

一流大学卒で、大手会社勤務。

仕事も出来、友達もすくなくない。見た目もそんなに悪くないのに、

何故か30歳を過ぎても、今までに一度も彼女が出来た事がありません。

そんな方は実はたくさんいらっしゃいます。

「何故?」それには皆気づいているけれど言わない、(言えない)

ちょっとした発言が原因だったりするのです。





そんなA男さんは、前の会社の同僚、B子さんとはたまにデートをする仲。

A男さんはB子さんに淡い恋心を抱いていますが、

毎回のA男さんの失態により、なかなか次のステップが踏めません。



二人は仕事終わりに待ち合わせ、カフェでお茶をしています。


B子「A男さん、そういえばこの前占いに行ったの。それがすっごく当たってて、占い師の先生も親身になって聞いてくれて。とってもよかったんだ~。」

A男「占い?俺占い嫌い。あんなのインチキだよ。適当な事言って金取るんだろ?」

B子「.......。あ、そうそうそれでね、そのあとに好きなロックバンドのライブに行ったんだ。すごくよかったの。」

A男「ロックかあ........うるさいだけじゃん?俺ロックはあんまり好きじゃないな~。」

B子「...........それで、そのライブに同じ会社の谷原くんと一緒に行ったんだ。」

A男「ええ~谷原?あいつ全然仕事できないし、俺が辞める時も引き継ぎとか大変だったしさ~俺嫌い。」

B子「.....................」


こんな人がいるでしょうか。

いいえ、案外いるのです。

B子さんは、経験した出来事をA男さんに話す事で今、二人の会話は成立しています。

しかし、そこでA男さんが個人的な好き嫌いをB子さんに言う事によって、

二人の会話のリズムがまったく止まってしまうのです。


A男さんがB子さんの話題を、個人的に「嫌い」と言ってしまう事で、

B子さんはそれ以上会話を続けられなくなってしまいます。


ではどうしたらよかったのでしょうか。


B子「A男さん、そういえばこの前占いに行ったの。それがすっごく当たってて、占い師の先生も親身になって聞いてくれて。とってもよかったんだ~。」

A男「へえ、B子ちゃん占い好きなんだ。占いってどういう感じなの?」

B子「あのね、タロット占いなの。占って欲しい事をね、言って占い師の人がカードを見てアドバイスしてくれるの。」

A男「おもしろそうだね、それで何を占ってもらったの?」

B子「ええ~?秘密ですよお。」


このあと会話が広がります。もうひとつの例は。







B子「あ、そうそうそれでね、そのあとに好きなロックバンドのライブに行ったんだ。すごくよかったの。」

A男「ロックバンド?なんて言うバンドなの?」

B子「○○っていうバンドですよ。同僚の谷原くんと一緒に行ったの」

A男「谷原?久しぶりだな~。元気にしてる?」

B子「元気にしてますよ~。最近彼女が出来たみたいで、いろいろ相談にのってるんです」

A男「彼女できたのかあ、よかったな。それでライブはどうだったの?」


このあとも会話がつづきます。



嫌い、という感想を話題のはじめに言ってしまうと、

会話がそれ以上広がらず、相手がどうすればいいか困惑してしまうので気をつけてくださいね。

以上の事はいわゆる「毒舌」とは違いますので注意しましょう。

女心講座〜好意をくむ〜

こんにちは、雨ノ森メロウです。

シリーズ化している「女心講座」

今回は「好意をくむ」です。



恋愛経験が乏しく、あまり女性に慣れていないA男さん。

B子さんという淡い恋心を抱いている女性が居るのですが、

A男さんの何気ない一言で女心を傷つけてしまい、うまくいっていません。

さて、このお話はA男さんがまだB子さんと同じ会社で働いている時の出来事です。




ある寒い冬の季節のことです。

A男さんとB子さんは当時同じプロジェクトを運営していました。

期限が迫った金曜日、社内のフロアにはA男さんとB子さんだけ。

時計も10時を回っています。


仕事が一段落したB子さんは、ドリンクを買う為に会社の一階のコンビニに買い物に来ました。

ドリンクを選んでいるあいだ、ふとA男さんが風邪気味だということを思い出し、

A男さんに、差し入れでホットレモンドリンクを買ってあげる事にしました。


社内に戻りA男さんのデスクに向かいます。


B子「A男さん、お疲れさまです。これ、差し入れなので飲んでください」

A男「あ~終わらない。もう眠い。体調も悪いし。あ、そこに置いといて。」





B子さんはデスクに戻り、きりのいいところまで仕事を終わらせました。

B子さんは会社から少し離れたところに住んでいます。

終電ももうすぐ、夜道も危険なので11時前は退社することにしました。



最後にA男さんに挨拶をしようとA男さんのデスクにいきました。

B子「A男さん、お先に失礼します。」

A男「あーー、お疲れさまです~アー眠い。」

机の上を見ると、缶コーヒーのブラックの缶が三本転がっていました。

B子さんの差し入れたホットレモンは、一口も付けられないまま冷め、机のすみに置いてありました。



B子さんはすごく悲しい気持ちになりました。

A男さんは日付が変わる前まで働いて眠いというのはわかります。

もちろん何を飲もうが人の勝手です。

悲しかったのは、自分の好意が伝わっていない、ということだったのです。

寒い季節に風邪気味のA男さんにホットレモンを差し入れて、

その気持ちを受け取らずにA男さんは

眠気を解消する為にコーヒーを立て続けに飲んでいたのです。

B子さんは、見返りを求めているのではありませんね。

好意がまったく無視されていた、と言う事にがっかりしたのです。


万が一ホットレモンが苦手な飲み物だったとしても、

A男さんはB子さんの好意に気づくべきでした。


こんなすれ違いはたくさんありますが

男性のみなさんは是非気をつけてくださいね。







プロフィール

雨ノ森メロウ

Author:雨ノ森メロウ
タロット占術家の魔女、

雨ノ森メロウの不思議なブログ。

恋に悩んでいる人

仕事に悩んでいる人

人間関係に悩んでいる人

占い師になりたい人

魔女の部屋をノックしてくださいね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。